家庭のまつり タイトル

   
  お神礼をいただいたら家庭の神棚におまつりします。神さまと毎日生活を共にしているという気持ちが家庭に心の安らぎをもたらします。
神棚はその家の中で神さまがお鎮まりになるところですから、明るく清らかで目線より少し上の位置に設けるのが良いでしょう。神棚の向きは「南向き」か「東向き」が良いとされています。
神棚がご家庭にない場合は、神社にご相談下さい。
   
  神棚のまつり方
    神棚は、棚の中央に宮型(神殿)を据え、扉の正面に鏡を、左右に榊や灯明を立てます。
注連縄<しめなわ>は太い方を向かって右、細い方を左にして掛け、紙垂をつけます。
         
  お神礼の順位
    三社づくりの場合(お神礼を横に並べておまつりするとき)
      中央に伊勢の神宮のお神礼(神宮大麻)、向かって右に氏神さまのお神礼、左にその他の崇敬する神社の順に並べます。
    一社づくりの場合
      一番手前に神宮大麻、次に氏神さま、その他の崇敬する神社の順にお神礼を重ねておまつりします。
         
 
    神棚には毎朝、新饌<しんせん>を供えます。新饌は米・塩・水で、米は洗米かご飯、水は毎朝一番の水をお供えします。また、お酒や珍しい物、四季の初物などを得たときには、そのつどお供えします。
         
         
 
    お供えが終わったら、お参りします。お参りの作法は神社に参拝するときと同じ、二拝二拍手一拝の作法でします。朝・夕に感謝をこめてお参りしましょう。
         
 
    一年間、お護りいただいた古いお神礼は神社に納めます。神社では年末や小正月(1月15日)に、神事をして古いお神礼を焼納します。旅行先などでいただいたお神礼なども氏神さまに一緒に納めてかまいません。
         
 
    「家で葬式を出したから」「親戚に不幸があったから」そんな理由でお神礼をおまつりせず、一年を過ごしていませんか?実は誤解なのです。
ご不幸があった場合の神棚やお神礼のおまつりの仕方について、正しい知識を身につけておきましょう。
    家でお葬式を出した場合(家族が亡くなった場合)
      神棚--------五十日まで正面に白紙をはります。
      >>> 五十日(仏教でいう四十九日)までは「忌中」ですので、神棚の正面に白紙をはり、神まつりは遠慮します。五十日を過ぎましたら(=忌み明け)白紙をはずし、神まつりを再開します。
      お神礼-----五十日が過ぎたら、おまつりします。
      >>> お正月のお神礼(迎春神礼)は例年通り受けます。
「忌中」(亡くなってから五十日間)にお正月を迎えた場合、神棚にはさわらず、受けたお神礼を袋に入れたまま、または半紙に包んで大切に保管しておき、忌み明け後、お神礼を取り替えます。
    親戚(身内)で不幸があった場合
      神棚--------いつも通り、おまつりします。
      >>> 親戚(身内)は別の家ですので、自分の家の神まつりは、いつも通り行います。
      お神礼-----いつも通り、おまつりします。
      >>> 葬儀家(お葬式を出した家)ではないので、いつも通りおまつりすることが大切です。