御参拝・御祈願 タイトル

   
  正式参拝
      神社の御殿に入って参拝することを正式参拝(昇殿参拝)といいます。正式参拝では、神職のお祓いを受けたあと、玉串(榊などの常緑樹の枝に紙垂<しで>や麻をつけたもの)を捧げて、二拝二拍手一拝の作法でお参りします。ここでは、玉串の捧げ方を紹介します。
      玉串の捧げ方1 神職から渡される玉串の根本を右手で上から持ち、中央に左手を下からそえます。
      矢印  
      玉串の捧げ方2 玉串を胸の高さに捧げ持ち、案と呼ばれる机の前に進み一礼します。
      矢印  
      玉串の捧げ方3 玉串を時計回りに九十度回し、縦に持ちます。
      矢印  
      玉串の捧げ方4 左手を下げ両手で玉串の根本を持ち、祈りを込めます。
      矢印  
      玉串の捧げ方5 さらに玉串を時計回りに回して、根元を神前の方へ向けます。
      矢印  
      玉串の捧げ方6 玉串をそのまま、案の上に置きます。
      矢印  
      二拝二拍手一拝の作法でお参りします。